ラズベリーリーフティーと不妊の関係。女性のための飲み方とブレンドレシピで節目の変化をサポートしてくれる。

ラズベリーリーフの知識は今後、節目ふしめで役に立ちます。どんな使い方をすればよいか?どんな風に働きかけるのか?理解して覚えておくと便利でしょう。

 

こんにちは。まるです。

かん
不妊治療中だけど、ラズベリーリーフティーを飲んでも大丈夫かな?

ラズベリーリーフといえば、安産のハーブとしてもっとも有名ですが。

実は、妊娠力を上げたい妊活中にも相性の良いハーブなんですよ。

 

今回はラズベリーリーフティーの

1.効果
2.副作用
3.作り方
4.飲み方
5.おすすめ

について、まとめました。

ラズベリーリーフの知識は、妊娠中も、産後も、きっとあなたの支えになります。

ぜひ飲み方もマスターしてくださいね。

 

ラズベリーリーフティーと不妊の関係は大あり

 

ラズベリーリーフティーと不妊の関係は大あり

レッドラズベリーの実

 

ラズベリーは、古くからメディカルハーブとして使われてきました。

特に、子宮に働きかけるハーブです。

ラズベリーのリーフを使ったティーは、子宮への強壮、収れん、リラックス効果があると言われています。

 

ラズベリーリーフティーの効能

 

ラズベリーリーフは月経周期を正常にし、受胎能力を高めるのに役立ちます。

 

効能は以下の通りです。

  1. 不妊…生理リズムをととのえる。 過多月経。ホルモンバランスの調整。
  2. 排卵時の血液もれを止める(排卵時はエストロゲン濃度が落ちるため)
  3. PMS生理痛…子宮筋や骨盤筋を強化し、生理前後の痛みを和らげる。子宮の緊張をとる。
  4. 粘膜の炎症を鎮める(粘膜=鼻炎・口内炎・逆流性食道炎など)
  5. 下痢を止める(収れん性)
  6. つわりを鎮める(消化を助ける成分がある)
  7. 陣痛の苦痛をおさえる
  8. 陣痛を促進する(子宮収縮の効率を高める)
  9. 母乳の分泌をうながす
  10. 産後や切迫流産後の子宮の回復を早める
  11. 腎臓や尿管の痛みをとる
  12. 貧血

 

また、ラズベリーリーフには男性の精子作りには欠かせない亜鉛も含まれています。

かん
そうか。夫婦で飲めていいわね。

 

ラズベリーリーフティーの副作用

 

副作用や禁忌はありません

ただし、子宮への活力を高めて収縮を正常化するハーブなので、妊娠初期(~3ヶ月まで)は大量に飲みすぎないよう気を付けてください。※大量=5~6杯以上

妊娠に気づいたときからで大丈夫です。

 

【ラズベリーリーフ(葉)】 ラズベリーリーフティーと不妊の関係は大あり

学名:Rubus idaeus

和名:ヨーロッパキイチゴ

分類:バラ科キイチゴ属

成分:フラガリン、精油、タンニン、果実酸、カリウム、カルシウム、マグネシウム、亜鉛

作用:収斂、強壮、骨盤・子宮の緊張緩和、生理痛緩和、疲労回復

禁忌:妊娠初期の人は大量に飲まないこと

※PMSにも使われるハーブ。子宮筋、骨盤まわりの筋肉に働き、痛みを緩和する。

 

 

ラズベリーリーフティーの作り方・飲み方

 

ラズベリーリーフティーの作り方・飲み方

ラズベリーリーフの味の特徴:くせがない 甘い香り やさしい味 飲みやすい

 

ラズベリーリーフのシングルティーは、クセがなく、飲みやすいです。

ほんのり甘くて緑茶みたいな感じですね。

そのため、ブレンド用の引き立て役ハーブとしてよく活用されます。

 

シングルティーの作り方

 

ラズベリーリーフティーの簡単な作り方です。

1カップ(150~180ml)に対し、小さじ大盛り1杯程度

熱湯を注いで、フタをし、5分蒸らして完成。

 

 

【タイミング別】飲み方とブレンドレシピ

 

 

①PMSや生理痛がある人

タイミング:一日3杯。毎食後。排卵後の高温期~生理日までの2週間の間は、毎日がおすすめ。

おすすめレシピ:ラズベリーリーフ、ローズヒップ、セントジョーンズワート、ジャーマンカモミール、レディスマントル

セントジョーンズワート
※以下の薬を服用している場合、セントジョーンズワートは控えるか、医師と相談してください。
経口避妊薬(ピル)、血液凝固防止薬、強心薬、抗不整脈薬、免疫抑制薬、抗HIV薬、気管支拡張薬、てんかん薬はセントジョーンズワートを使うと薬の効果が減少する恐れがあります。

 

②妊活中

タイミング:1日1杯~3杯。胃弱でなければ、胃の中に何もない食前のほうが、ハーブの効果をしっかり得られる。

レシピ:ラズベリーリーフ、シベリアンジンセン、オート、ネトル、レモンバーム

ストレスによるホルモンバランスの乱れにおすすめ

 

③妊娠中

タイミング:妊娠3ヶ月~1日1杯。

タイミング:妊娠6ヶ月~1日3杯。

レシピ:ラズベリーリーフ、ペパーミント、フェンネル

 

④出産間近(臨月)

タイミング:1日3杯にプラス、そのほか水分にチンキを1~2滴を垂らす。

タイミング:出産予定日一週間前には、上記の内容にラズベリーリーフ1杯に対してジンジャーも加える。

 

⑤陣痛が始まった人

タイミング:1時間ごとに1杯ずつ。

消化器系が受け付けなかったら、液をすするか、舌の上に数滴のせて舐める。できるだけ度々とるようにする。

 

⑥産後

1日1杯~3杯。食後。

レシピ:ラズベリーリーフ、ラベンダー、ローズ

これ美味しいです。産後の回復を早め、母乳の出を良くするブレンドです。

 

⑦下痢の人

タイミング:お腹が痛むときに飲む。

レシピ:ラズベリーリーフ、カモミールジャーマン、マシュマロウ、ローズ

 

 

ラズベリーリーフティーのおすすめ

 

ラズベリーリーフのシングルリーフ(茶葉)は、enherbや生活の木など、ハーブ専門店に行くとたいてい取扱いがあります。

参考までに、ラズベリーリーフ商品をご紹介しますね!

 

シングルティー: Amomaアモーマ『オーガニック ラズベリーリーフティー』

 

原材料:ラズベリーリーフ100%

内容量:1.2g×30袋

価格帯:1100~1300円程度

Amomaのラズベリーリーフティーは、ちょうどB5のファイルと同じサイズ。

職場でお茶を飲む方は、引き出しに入れておけば、とっても便利です。

 

 

ブレンドティー: enherbエンハーブ『女性バランス磨きたい時に』

画像をクリックすると商品のページが見られます。



原材料:ラズベリーリーフ、ハイビスカス、ローズヒップ、アップル、オレンジピール、ラズベリー、シベリアンジンセン、ステビアリーフ、オート

内容量:50g

価格帯:1500円程度

子宮を強くしたい妊活中は、ラズベリーリーフに加えてシベリアンジンセンやオートなど強壮ハーブをプラスするのが有効

また、ラズベリーのリーフだけでなく、ベリーもブレンドされれば言うことなしです。ラズベリーの実はビタミンCや鉄分など栄養がバランスよく含まれ、抗酸化力の強いアントシアニンもたっぷりなのです。

enherbの『女性バランス磨きたい時に』は、甘酸っぱくて癒される味。妊活中にはぴったりの飲み物ですね。

 

ハーブチンキ: Herb Pharmハーブファーム『レッドラズベリー』

 

原材料:ラズベリーリーフ、有機アルコール、蒸留水

内容量:30ml

価格帯:1500円程度

ティーを作らなくても、チンキ(=濃縮エキス)なら簡単かつ成分が吸収されやすいです。

ちなみに。ラズベリーリーフのチンキはなかなか市販にはないので、こちらは珍しい商品ですね。

 

 

子宮はもっとも重要な生殖器官

 

子宮とは、卵がこの世に生まれ出て~母と別の存在になるまでの間、栄養を与え、守り、成長させる場所です。

子宮の健康は、ホルモンのメッセージによって大きく支配されています。

適切なホルモンバランスを維持するには、心とカラダが健康であること。

妊娠したら薬には頼れません。

ぜひ健康に良い食べものを心がけ、ラズベリーリーフなどメディカルハーブを大いに活用してくださいね。

あなたの女性としての人生が豊かなものでありますように。