妊活のハーブティーにはシャタバリが入っていると効果的!

シャタバリという子授けハーブティーの妊活の効果効能、禁忌、飲み方についてまとめました。

シャタバリ?!」

 

日本ではあまりなじみのない言葉ですね。

 

それもそのはず、シャタバリとはサンスクリット語で「100本の根を持つ植物」という意味。

 

インドの伝統医学『アーユルベーダ』で何世紀にもわたりもっとも重要な強壮ハーブの一つです。

 

このハーブの素晴らしさは、「100本の根を持つ」から転じて「100人の夫を持つ人」と言われるほど。女性の生殖器への働きかけが少なくないことがうかがえますね。

 

今回はこの『シャバダリ』について、妊活中おすすめの飲み方効果禁忌についてまとめました。

 

 

妊活で取り入れたいハーブ『シャタバリ』の効果・効能

 

シャタバリとはいったいどんな効果があるのでしょうか?

 

【シャタバリ(根)】

学名:Asparagus racemosus

和名:野生アスパラガス

分類:キジカクシ科クサスギカズラ属(旧:ユリ科クサスギカズラ亜科)

作用:利尿、鎮痛、催乳、去痰、強壮

 

 

不妊や妊娠力を高める効果

 

シャタバリは、主に女性の生殖器に作用します。

 

シャタバリに含まれている植物性エストロゲンが、女性ホルモンの一種であるエストラジオールと構造が近いため、体内で女性ホルモン(エストロゲン)と同じ働きをするのです。結果、女性のホルモンバランスを整えてくれるので、不妊や生殖機能不全、生理痛に効果的だと言われています。

 

授乳期の女性には母乳の出を良くする効能もあります。断乳・卒乳をせずに妊活される方は、子宮よりも母乳生成に血液が優先されるため注意が必要です。

 

 

無月経

 

シャバダリは、妊娠や授乳でもなく、原因となる病気もないと判断された無月経に役立ちます。子宮や卵巣への滋養強壮、ホルモンのバランスを正常化してくれる作用があるため、生理周期が安定するのです。

 

生理がなかなかこないけど妊娠したい方、特に栄養のバランス不足が気になる方や痩せて衰弱している方にはシャタバリの成分作用が効果的です。

 

 

流産後の効果

 

シャタバリは妊活中の不安やストレス改善するハーブとしても評価されています。

 

流産の経験のある女性がもう一度妊娠しようというのは、経験者にしかわからないほど不安やストレスが大きいものです。そんなとき、シャタバリのハーブティーを取り入れてください。流産後のつらい気持ちを落ち着かせ、生殖器系の回復を促して妊娠の準備をする最適の一杯になってくれるはずです。

 

 

男性への効果

 

ここまでくると女性のためのハーブという感じですが、妊活中の男性にも嬉しい効果を発揮します。シャタバリには男性の生殖器系の滋養強壮にも効果効能があります。具体的には、精子量・精液量の生産を促す働きです。

 

男性の精子・精液量は妊娠する確率に関わってきますし、正常で健康的な赤ちゃんに育てるためにも必要なこと。ぜひとも妊活中の夫婦二人の妊活ティーとして取り入れたいですね。

 

 

妊活中に取り入れたい『シャタバリ』が禁忌に当たるのはこんな人

 

  • シャタバリは別名アスパラガス・ラセモサス(Asparagus racemosus)といって、アスパラガスの仲間です。そのため、アスパラガスにアレルギーを持っている方は避けたほうが良いでしょう。

 

  • 利尿作用があるため、利尿薬を服用している場合は注意が必要です。

 

  • アーユルベーダの観点からは、カパが過剰になってむくみや鬱血が気になるときは避けるべきだと言われています。

 

  • シャタバリにある植物由来エストロゲンの正確な解明には至っていないため、エストロゲン感受性のある方は注意が必要です。

 

※シャタバリには重大な副作用の報告はありません。しかし、気になる症状がある場合や不妊治療中などで薬を使用している場合は医師と相談してください。

 

 

妊活中で取り入れたい『シャタバリ』の飲み方

 

味はほんのり甘くて渋みがある

 

茶葉から飲む場合、まずシャタバリ大さじ1杯に150ml程度の熱湯を注ぎ、3分蒸らしてから飲んでみてください。

 

どうでしょう?甘みを感じますか?苦いでしょうか?

 

実は、シャタバリはそのまま飲むと渋みが強いと感じられる方が多いようです。私もシングルティーだと苦手な味でした。

 

そんなときは、普段のお茶に加えたり、甘さのあるカモミールやコクのあるルイボスとブレンドしたりしても美味しいですよ。メインの味になるハーブを決めて、そこにシャタバリをプラスしていくような飲み方はいかがでしょうか。

 

 

アーユルベーダ式

 

アーユルベーダでは、シャタバリにギー(不純物を取り除いたバター)や粗糖、はちみつと一緒に牛乳で煮出して飲みます。しかしギーが日本のスーパー等市販では一般的でないんですよね。私はiHerbというアメリカにある自然食品のオンラインショップをよく利用するのですが、ギーはかなり種類が豊富です。個人輸入に抵抗がなければぜひ。

 

ちなみに市販なら成城石井、カルディなど輸入食品を取り扱っているお店に置いてあることが多いです。

 

 

シャタバリ入り子授けハーブティーを取り入れるのもヨシ

 

シャタバリをどうやってアレンジしていいか迷ったら、ハーブティー専門店やメーカー独自の妊活ブレンドティーを試してみるのはどうでしょう?子授けハーブティーと呼ばれるブレンドティーの中には、シャタバリがよく入っていますよ。

 

例:

AMOMA『妊活ブレンド』

生活の木『私の30日茶 女性の味方ブレンド』

enherb『女性のリズムを笑顔で過ごしたい時に』

YOGI TEA『ラズベリーパッション・パーフェクトエナジーティー』

などがあります。

 

また、ハーブティー専門店に行って、オリジナルの妊活ブレンドティーを調合してもらうのも素敵です。

 

 

まとめ

 

  • シャタバリはインドの長い伝統に裏付けられた強壮ハーブ。女性の生殖器系の働きを高め、男性にも活力を与えてくれる。

 

  • シャタバリは渋みがあるため、他のハーブとブレンドしたりアレンジしたり、普段のお茶にプラスすると◎。妊活ブレンドを活用しても良い。

 

 

あとがき

 

しかし、100人の夫を持つハーブと呼ばれるのもすごいですよね。100人を相手にするなんて…タフすぎるし、私は自信ないです(笑) まぁ、一人の男性相手だったらかなり自信がつくはず。皆さんもシャタバリ、ぜひ試してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です