黄体ホルモンを増やすには?妊活ハーブティーで高温期が伸びた

高温期が短いときはチェストツリー。女性ホルモンのバランスを整え、特に黄体ホルモンを増やすため(黄体機能不全)におすすめの妊活ハーブティーです。

 

あなたの低温期と高温期はバランスが良いほうですか?

 

健康的な女性ならどちらも14日前後で、28日周期と言われていますね。

 

実は、私が一人目の妊活中のころは高温期が平均8~9日と短く、非常に不安定でした(>_<)

 

もしそのまま運よく受精し着床できたとしても、高温を保つことができなければ妊娠の継続が難しくなってしまうんですよね(>_<)

 

高温期が短い原因は、黄体ホルモンが足りていないからなのだとか(=黄体機能不全とも言う)。

 

だから、その黄体ホルモンの分泌を促してあげれば良いのだそうです。(って口では簡単に言えるけど💦)

 

まず私は黄体ホルモンを増やす食べ物を取り入れ、睡眠をしっかりとるようにしました。しかし高温期は相変わらず短い。

 

改善の気配がまったく見られなかったので、ハーブのちからにすがりました。黄体ホルモンの分泌をサポートするハーブ『チェストツリー』を取り入れることにしたのです。

 

チェストツリーを飲み続けたら、なんと翌周期で高温期が伸びました。初の11日越え!すぐに妊娠とはいきませんでしたが、その3ヶ月後に陽性反応が出てホッとしたのを覚えています。

 

なので、今まさに黄体機能不全で悩んでいる方にこのことをシェアできたらと、チェストツリーの効果や飲み方についてまとめました。

 

 

女性のためのハーブともいわれるチェストツリーの効果と注意点

 

チェストツリー。ハーブティーとして飲むのは果実(種子)の部分である。高温期が短い人や黄体機能不全で悩む人、妊活で飲むなら煮出してハーブティーとして飲むのがおすすめ。

【チェストツリー:可愛らしい小花がたくさん咲く地中海産の低木】

 

ドイツの科学的研究によると、チェストツリーの成分はホルモン中枢である脳下垂体に直接働きかけ、女性ホルモンの分泌を調整・促進する効能があることがわかっています。

 

具体的には生理周期の後半で卵巣の黄体に作用し、黄体ホルモン生産をサポートします。卵胞ホルモン(エストロゲン)の抑制もするため、黄体ホルモン(プロゲステロン)働きかけが目立つようです。

 

そのため、ホルモンバランスに関わる症状への改善によく使われます。PMSや生理不順、生理痛、月経過多、子宮筋腫、ピル(避妊薬)使用中止後のホルモンバランスを整えるのに効果的だと言われています。

 

リラックス効果もあるため、更年期障害や生理前の緊張など生殖器系に関係したうつにも使用されます。また、母乳の分泌促進にも使われるハーブです。

 

こうしてみると、チェストツリーが「女性のためのハーブ」と言われるのもうなずけますね。

 

そして「やはり短い高温期を正常に取り戻せたのは、チェストツリーの黄体ホルモンに働きかける成分のおかげだったのだ。」と感じました。

 

【チェストツリー/チェストベリー(果実)】 チェストツリーのハーブ。チェストベリーともいう。高温期が短い、黄体機能不全による症状で悩む不妊の人、妊活におすすめ。

学名:Vitex agnus-castus

和名:イタリアニンジンボク(西洋ニンジンボク)

分類:シソ科ハマゴウ属(旧クマツヅラ科)

作用:ホルモン調整、催乳(プロラクチン分泌調整)、生殖器系の強壮、神経鎮静

禁忌:普通に摂取するには問題なし。最終的な安全性が確立されていないため、妊娠中の人は要注意とする文献もあり。経口避妊薬(ピル)のような女性ホルモンに作用する薬を飲んでいる人は効果を下げる可能性あり。

※過去に黄体機能不全のケースで妊娠3ヶ月までの流産予防に使用されていたこともあります。

 

 

妊活中、チェストツリー・ハーブティーの効果的な飲み方

 

 

チェストツリーは種子を乳鉢等で細かく潰して、5分ほど煮出してから飲むのが効果的です。

 

シングルティーは万人受けしない味です。「苦味があって飲みにくい」とよく聞くので、苦手な人は甘味料を加えると飲みやすくなります。ちなみに私はあまり苦味が気にならないです。むしろ、スーッとして美味しく感じることが多いです。きっとからだが欲しているのでしょうね。

 

でも飲んでいるとだんだん慣れてきて変化が欲しくなったりするので、カモミールやジンジャーのチンキを垂らしたり、ダンデライオンとブレンドしてアガベシロップで甘みをつけたりして飲んでいました。

 

飲むタイミングは、食後に1日2~3回がおすすめ。ハーブティーは食品であり即効性がないため、不妊で悩む人が効果を実感するためには少なくとも3ヶ月~半年程度継続して飲んでください。

 

PMSやその他の症状ならもう少し早く感じられるのではと思います。

 

 

まとめ

 

  • 高温期が短い人におすすめの妊活ハーブティーはチェストツリー。

 

  • チェストツリーの特徴は、黄体機能をサポートしてくれる成分が含まれていること。女性の生殖器系への不調に効果を発揮する。

 

 

編集後記

 

チェストツリーは妊娠したら継続して飲むか迷うところですが、私はつわりで飲めなくなりました。文献やメーカーによって妊娠中に禁忌とするかどうか分かれますが、判断はからだの声を聞きながらが一番いいのではと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です